医療用脱毛機の種類について

subpage01

医療レーザー脱毛では主に3種類の脱毛機が使用されており、それぞれの脱毛機には特徴があります。
1つめは最先端の胃医療レーザー脱毛機で他のレーザー脱毛と比べると痛みが少ないという特徴があります。

機械の種類により機能は異なってきますが、吸引や冷却機能がついていることで照射時の痛みを軽減すると言われています。
一般的に医療用レーザー脱毛に使用されている機器は日焼けしていたり細い毛には対応できないという特徴がある機器もありますが、最先端の機器は波長の調節が可能なため日焼けしている肌や細い毛にも対応できると言われています。また、脱毛だけでなく美肌やシミやほくろを薄くするという効果にも期待されています。
日本人の肌に適していると多くのクリニックで導入されている脱毛機器もあります。


日本人の肌の表面にはメラニンが多いため、波長によってはヤケドなどのトラブルが脱毛時に起こりやすいと言われています。
そういった心配がなく毛根のメラニンにだけ反応するため、トラブルの心配をすることなく安心して施術を受けることができるというメリットがあります。3つめの脱毛機器は他の機器よりもレーザーの波長が長く、肌の奥にまでレーザーが届くという特徴があります。

色黒の肌や色素沈着が肌に起こっている方にでも対応が可能で、周りのお肌を傷つけることなく脱毛することができると言われています。
また、太い毛や剛毛、毛根の深い毛にも対応が可能と言われています。